蟹 選び方

カニの選び方!

カニは中を見てから買うことができないので外から見えたり触ったりするだけでどれがおいしいか選ばなければいけません。そこでカニを選ぶ時のポイントをまとめてみました。

 

1.同じ大きさなら重たいものを

重たいものはカニの身がぎっしり詰まっています。できるだけ重たいものを選びましょう。甲羅がふっくらしているカニ甲羅から足まで身がギュッと詰まっているものは最高に美味です。

 

2.甲羅の黒い点々が多いものを選ぶ

実は甲羅の黒い点々は甲羅についている海のヒルなのです。え、ヒルに食べられているとか思うかもしれませんが、実はたくさんのヒルがついているというのはいいことで、、たくさん栄養を取っているカニではないとヒルもたくさんはついてくれないのです。またヒルがたくさんついてしまうとカニから栄養をどんどん吸っていってしまうのでカニも必死で栄養を取ろうとします。なのでたくさん食事した栄養分豊富なカニになっていること間違いなしです。

 

3.甲羅はしっかり固いものを

カニは脱皮するので固い甲羅ではないとカニは脱皮したてで体力を消耗しているのであまり美味しくないといわれています。

 

 

簡単にカニを選びたい?

そんなあなたには、こちらのカニ通販での蟹の選び方をご覧になれば、カンタンですよ。

 

 

重さを重視

意見その1

蟹の意見1

私が蟹を選ぶときに気を付けていることは、重さがある蟹を選ぶようにしています。

 

蟹は、身がすくないものよりも身がつまっている蟹の方が美味しく食べることができるので、身がつまっているものは重みのある蟹なので、蟹が多く並んでいるお店で購入するときには、大きい蟹を選ぶよりも小さくても蟹の重みのある方を選ぶようにしています。

 

重みを確認する他には、蟹を美味しく食べるためには鮮度が大事だと思うので、蟹の色を見るようにしていて、特に蟹のお腹の色が大事だということを聞いたことがあるので、蟹のお腹の色がきれいなものを選ぶようにしていて、少しでも鮮度のよい蟹を選ぶようにしています。

 

また、蟹を購入するときには、お店で直接購入することもありますが、通販で蟹を購入するということも多く、通販ではよく安く販売している蟹も多くありますが、通販で蟹を購入するときには失敗することもあるため、大手で有名な通販サイトを利用するようにしています。

 

意見その2

蟹の意見2

美味しいカニと言われてまず思い当たるのは重さ、手に取って重い物がより身が詰まっています。手に取れるならば必ず行ってみて下さいね。小ぶりでも持ってみると違いが分かると思います。

 

それと、カニがお腹を上にして置いてあるかどうか。赤い甲羅が上の方が見た目は良いのですが、これだとせっかくのお腹に入ってる味噌が身の方へ流れてしまいます。ミソ好きな人にはこちらも押さえて下さい。

 

またオスかメスかによる違い、産卵の為体力を使うメスよりオスの方が美味しいです。見分け方はお腹の「ふんどし」という所が三角だとオス。丸型だとメスです。甲羅が硬いかも同時に確かめて下さい。脱皮をしてから時間が立っている証拠です。産卵と同じく脱皮にも相当な体力を使うのです。

 

ハサミが大きい物も充分成長した印です。最近では、カットしたものや通販で買う方も増えているでしょう、店頭なら水っぽくないか、身が黒ずんでないか通販のボイルガニであれば浜茹でや船茹でといった獲れてから出来るだけ早く茹で冷凍された物が良いと思います。

 

目で見て選ぶ派の口コミ意見

自分は大阪住まいの人間です。大阪の日本橋には黒門市場と言われる、魚介類の商店をメインとした商店街があります。そこには、いけすのまま生きている状態で、食材を売ってくれる店も存在をしております。そして、黒門市場にはタラバ蟹や上海蟹といった蟹メインに商店を行っている店も自分は知っております。

 

そこで蟹が食べたい時は、その店まで足を運んで購入を行うのです。いけすやかごに並べている蟹は数十匹ほどおります。自分は料理の類などはあまり、知識はないのですが、蟹は大好きな食材の一つなので、買うときは大きさや甲羅の方さ、大きさなどもいろいろと選んで選定をしております。

 

基本的に自分は生きている蟹をそのまま、持ち帰っているので、店主に頼んでその蟹を拝見させてもらい、触ることによってリアクションが大きい蟹を選びます。挟まれるのではという方もいるかとおもいますが、しっかりと店主がはさみをゴムで固定をしてくれているので大丈夫です。