かに わけあり 訳あり

「訳あり」とは具体的にどういうこですか?

世間では、訳あり(わけあり)商品というのが人気ですよね。何かの事情があって「訳あり!?」なんだけれど、商品として支障がないものが激安価格で販売されていたりします。食料品では、見た目が悪かったりする理由で、通常の流通ルートには乗せられずに、破棄してしまうよりかは、訳あり品として販売されていたりします。

 

昔は、工場直販店などで、その訳あり品が販売されていることが多かったのですが、最近では、訳あり品需要が増え、一般のお店でも「訳あり品」と明記して販売され、それを目当てに買いに来るお客さんもいる程です。

 

では、蟹の場合の訳ありとはいったい、何が訳ありなのでしょうか?種類によって、その訳あり具合も違いますので、それぞれについてお話しましょう。

 

 

むき身(ポーション)

折れ、サイズ不揃い、持ち手部分の殻が無い

 

ボイル(ゆで)肩・脚

キズ、折れ、貝等ががついている

 

丸ごと(姿)

甲羅にキズ、甲羅に貝等ががついている、若がに(身入り8分)

 

 

以上のように、見た目にちょっと難があります。ですので、通常のルートで(百貨店など)では販売することができません。でも、味には一切関係ない要素ですので、訳ありといっても、美味しく頂くことが出来るわけです。わけありカニは、通常の蟹と比べて価格が安いために人気があります。進物用ならともかく、自宅で食べるなら味が同じで価格が安い「わけあり」が人気なのも当然ですよね。